遺産分割の話が
まとまらない

こんなご相談を多くいただきます。

  • ・遺産分割トラブルに関する相談(相続分に納得いかない)
  • ・遺留分減殺請求に関するご相談(したい・された)
  • ・遺産の使い込みに関するご相談
  • ・財産調査(相手が隠している)
  • ・相続人調査(相続人が誰かわからない)
  • ・遺言書の作成・遺言信託(生前対策を含む)
  • ・相続放棄をしたい(借金を相続したくない)

遺産分割事件

意見の相違や感情的な対立があり、相続人間で遺産分割の話し合いがまとまらない場合でも、弁護士に依頼して相続問題を解決することができます。

弁護士は、依頼者の代理人として、他の相続人との交渉や法的手段をとり、相続問題を解決します。

相続人の範囲や相続財産の範囲に争いがない遺産分割事件が、基本的な遺産分割事件になります。

弁護士は、依頼者と十分に協議のうえ、依頼者の代理人として、他の相続人との交渉や遺産分割調停ないしは訴訟を行い、相続問題を解決します。

よくあるケース

・相続財産を把握できていない

そもそも相続財産がどれだけあるのかわからない、自分たち以外にも相続人がいるのかどうかわからない

・話し合いがまとまらない

当事者間で話し合っているが一向にまとまらず、揉めたまま放置されている

・自分の意見が通らない

相手方に弁護士がついているので、こちら側の言い分が全く通じない